シミ取り化粧品

自分に合ったシミ取り化粧品を見つけるための基礎知識

サイトトップ > シミ取り成分

スポンサードリンク

シミ取り 化粧品

シミ取り成分

ここでは、シミ取りクリームなどの美白系化粧品に配合される有効成分について説明します。シミ取り効果の期待できる成分として絶対外せないのは、


■ ビタミンC誘導体
■ ビタミンA、トレチノイン
■ ハイドロキノン
■ AHA(フルーツ酸)
■ EGF(上皮細胞増殖因子)


です。


これらの成分は「シミ取り方法」のページで説明した5つのパターンのうち、1つ以上の作用を持っています。念のため、5つのパターンを再掲しておきます。


■ 紫外線を浴びないようにする
■ 活性酸素を速やかに除去する
■ メラニン色素の生成を抑える
■ メラニン色素を脱色・無色化する
■ メラニン色素の体外への排出を促す


それでは、各成分について順番に見ていきましょう。

ビタミンC誘導体

ビタミンC(アスコルビン酸ナトリウム)は最もメジャーなシミ取り成分でしょう。「シミ取り方法5パターン」のうち、■活性酸素を速やかに除去する■メラニン色素の生成を

ビタミンC誘導体

ビタミンAとトレチノイン

ビタミンA(レチノール)はビタミンCと並んで多機能な成分です。シワやたるみにも効果がありますが、シミ取り関係では、■メラニン色素の体外への排出を促すという作用が

ビタミンAとトレチノイン

ハイドロキノン

ハイドロキノンのシミ取り作用は、■メラニン色素の生成を抑える■メラニン色素を脱色・無色化するの2つです。ハイドロキノンは非常に強力な漂白剤です。ビタミンCと比べ

ハイドロキノン

AHA(フルーツ酸)

AHA(アルファヒドロキシ酸)はアンチエイジング化粧品や美白化粧品でよく見かける成分です。AHAのシミ取り作用は、■メラニン色素の体外への排出を促すということが

AHA(フルーツ酸)

EGF(上皮細胞増殖因子)

EGF(EpidermalGrowthFactor)は日本語で上皮細胞増殖因子といい、表皮細胞の分裂や成長を促進するタンパク質です。アメリカのスタンレー・コーエ

EGF(上皮細胞増殖因子)

シムホワイト377

いま一番注目の美白成分といえば、シムホワイト377ではないでしょうか。非常に高いシミ予防効果があります。美白化粧品の成分には、■シミの素であるメラニンの発生を予

シムホワイト377

ヒノキチオール

シミ取り・シミ予防効果の期待される成分として、ヒノキチオールという成分があります。あまり耳にしたことのない成分かもしれませんが・・・実は、ヒノキチオールは日本人

ヒノキチオール

お墨付きの美白成分

世の中には様々な美白成分があります。それらの中で、厚生労働省が認可したものって、非常に少ないんですね。現時点で、厚生労働省の“お墨付き”が得られた美白成分は、た

お墨付きの美白成分

リノレックS

厚生労働省の“お墨付き”美白成分の1つに、リノレックSという成分があります。この成分はシミ取り・シミ予防効果がありますが、ビタミンCなどの一般的な美白成分とは決

リノレックS