シミ取り化粧品

自分に合ったシミ取り化粧品を見つけるための基礎知識

サイトトップ > 紫外線対策によるシミ取り

スポンサードリンク

シミ取り 化粧品

紫外線対策によるシミ取り

紫外線が肌に良くないことは既に述べたとおりです。「光老化」といって、肌の老化を引き起こす最大の要因になっています。シミだけでなく、シワやたるみなども光老化の結果と考える事ができます。


紫外線を浴びなくて済めば、それに越したことはありません。しかし、日常生活で紫外線を100%カットすることは不可能です。そこで、次善策としてサンスクリーン剤(日焼け止め)の利用が必要になります。


しかし、ここで注意しなければならない事があるのです。


それは、一般に、紫外線遮断効果の大きいサンスクリーン剤ほど、肌に刺激のある成分を多く含んでいるということです。


ですから、紫外線の強さや紫外線を浴びる時間の長さに応じて、「必要にして十分」な強さのサンスクリーン剤を使うことが大事です。


サンスクリーン剤の強さは、SPFやPAといった指数で明記されています。これらの指数をよく確認して使用するようにしましょう。


SPFとPAについて、簡単に説明しておきます。


地表に降り注ぐ紫外線は波長の長いUV−Aと波長の短いUV−Bに分けられます。UV−Aは皮膚の真皮層にまで到達してコラーゲンの組織を破壊します。その結果、シワやたるみなどのトラブルが発生します。一方、UV−Bは表皮で吸収されて、シミの生成に関与します。


PAはUV−Aの遮蔽効果を表すもので、「+」の数で遮蔽の強さを示します。「PA+」〜「PA+++」。


また、SPFはUV−Bの遮蔽効果を表すもので、数字の大きさで遮蔽の強さを示します。例:SPF50。(強度50を超える場合は、「SPF50+」と表示。)


紫外線対策はシミ取りに欠かせません。SPFやPAを確認して、適切なサンスクリーン剤を選ぶようにすることが大切です。

シミ取り方法一覧